2016/02/21

おいしいがいっぱい

今日は髪をスミレ色にしよう!って思って紫を入れて、なんてきれいな色だ~と思って気分は上々。やっぱり髪の毛が調子悪いと色々な事が上手くいかない気がしちゃいます。

でも、その後スーパーで珍しく北海道の新鮮なイカを見つけたので買って、丸ごと焼いて食べてるときになんだか妖怪みたいだなーって思ってしまった。紫の髪でイカを食べる妖怪。にやにや。

イカはゴロも大好きなので綿だけ取って丸ごと焼くのが好き。私アルコールを飲むと体に赤いポツポツが出るし弱いので外ではほとんど飲まないし全然酒飲みじゃないのに、こういう食べ物が子供の頃から大好きです。七味とマヨネーズとお醤油を混ぜたのにつけて食べるガッチガチのボータラとか、やき鳥とかモツとか!食べ物の話はほんとずっとできますね。食べ物の話でいつかブログに書きたいのは「タコの道具」の話。

ふふふ

いつかそのうち。























写真は最近のお気に入りごはんのカオマンガイ。シンガポールチキンライスです。私はパクチーをたっぷり乗せて元気もりもり。パクチーが苦手なくま氏には代わりにセリを刻んで乗せました。ほんとはタイ米で作りたいけど、タイ米ってなかなか販売してるところが少ないですね!今度売ってるお店の近くに行くことがあれば買っておきたいです。



2016/02/13

スコーンを焼いた話






お菓子作りはあまり得意ではないのでしないのですが、スコーンは簡単ですぐできるので時々作ります。先日はカボチャとホワイトチョコレートのスコーンを焼きました。


この組み合わせ、カボチャの優しい甘さとホワイトチョコレートのミルキー感がなかなか相性良いのでは、と感じたので気になる方はぜひお試しあれ。



おそらく検索すればクックパッド先生とかがプレーンのスコーンのレシピを教えてくれると思うので、それに刻んだカボチャとホワイトチョコレートを混ぜればOK。(私は薄力粉だけのスコーンより強力粉と両方使ったスコーンのレシピのほうが好みですー。)


カボチャは小さく、ホワイトチョコレートはわりと大き目にするのがお勧めです。


組み合わせは思いつき次第で色々できるので「パルメザンチーズとほうれん草」とか「ダイスチーズとベーコン」とか「クルミと好きなスパイス」とか「ニンジンとパセリ」とかそういう甘くない組み合わせも美味しい。



なによりスコーンを焼いておけば朝ごはんとか昼ごはんを数日それで済ませられるので楽です(笑)あぁ、でもケークサレだったらもっといろんな具を詰め込めるからご飯にするならそっちのほうがお勧めかなあ。ケークサレだったら断然ゴボウを入れるのが好きです。「ミニトマトとチーズとゴボウとアスパラとベーコン」が月玉子の一番よく作る組み合わせ。とりあえず冷蔵庫の残り野菜はケークサレにしてしまえ~~~という感じです。ちちんぷいぷい。






















そういえば、最近ベランダにムスカリが咲きました。ムスカリは子供のころ家の庭に咲いていて好きだった花。これは何年か昔、私が元気のなかった頃に道端の草の中で見つけて引っこ抜いてきて植えなおした子たち。きっとどこかの家の花から種が飛んで、道端に落ちたのだと思います。そうして出会ったこの花はいつも私を励ましてくれる花です。


はやく春になるなれ~



2016/02/12

某天使に気が狂った30も間近な女のバレンタインの話

お正月も過ぎれば街はバレンタイン一色。
今年の私はある事に頭を悩ませていた。
(大好きな彼にバレンタインチョコレートを用意したい…。)

だって私の好きな彼はチョコレート好きなのである。(公式プロフィール参照)


私は何でも手作り激推し一家に育った。食べ物からおもちゃから服からプレゼントから…なんでも手作りできるならそれに越したことはないよね☆…という家族。故にバレンタインにチョコを「買う」という発想がこんな年齢になるまでなんと人生で一度も無かった。この季節ににぎわう百貨店や大型スーパーの特設会場も、ふわっと遠目で眺めて「うわーすごい人だね~!」とか言う程度であった。

そして幸いなことに、手作りとかそういう庶民的なもので喜んでくれるような、もしかしたら世の中では今時珍しいタイプのそしてある程度気心の知れた人間にしか、私がそれらを贈る機会は訪れなかった。例えばセンパイだとか歳上の上司とか、そういう何かおしゃれなブランドチョコでも買わないといけないような人種には、ほんとに全くと言っていいほどに縁がなかったのである。(義理チョコを買わないといけない場面すらも無かった)そしてさらにありがたいことに、現在の私の夫である「くま氏」もまた、手作りを素直に喜んでくれる側の人間なので、そちらには何の迷いもなく今年も私は毎年恒例のトリュフをせっせと作る予定だ。


しかし、いま私が最もバレンタインに心に思い描く一人の彼はなんと高校生である。
計算したくないが、私より10も年下、しかも面識無し、しかも二次元、


……二次元 (自分で文字に書きおこしてその破壊力に白目を剥く)


二次元の住人…それは完全に画面(紙面)という越えることのできない壁の向こう側に輝く存在……時空をも超えたパラレルワールド…違う世界線を生きる人たち…


しかしこの気持ちはマジである。出川哲郎さん流に言うとリアルガチ。
好きなアイドルとかそういう同じ次元ですら無い彼に、私は2年ほど前から完全に心を持っていかれています。あああ「二次元の高校生キャラクターが好き」って字面、完全にやばい。やばいけど、これが現実。(やばいって言葉なるべく使いたくないんですがやばいとしか言いようが無い…)最近イベントなどでイラストレーターとしての私を知ってくれた方々には大変申し訳ないのですが、隠し通すことはできないと思うので早めに察していただいたほうがいいのかも知れない。いや、わからない。ハーブや草花が好きで、インテリア小物やお料理が好きで、ハッピーなイラストを描く私のもう一つの面がこちらになります。これ、性別逆転して考えると二次元の女子高生が好きなおじさんになります。私はもう誰のことをも責められない。よろしくどうぞ…



話を戻します。(真顔)



穏やかで優しく家族思いな彼の性格から考えると、手作りを喜びそうなタイプではあるけれど、それはあくまでも好きな人や周りの人から受け取る場合に限るとおもう。そんなの誰でもそうだよね。


だから歳上の、見知らぬ存在でしかも違う次元を生きている私の立場を考えたとき、万が一同じ次元に迷い込めたとしても、または同じ次元に生まれたとしても、彼の身近な人間になることは恐れ多くてためらう、人間と道の石ころ、それくらいの距離感でしか呼吸もできないであろうましてやチョコレートを渡して告白ができるイベントが何かの間違いで発生する珍事件があったとしても自らフラれることを真剣に望むそんなレベルのSUKI♡の気持ち故に、手作りチョコレートがアリかナシかでいうと…これはナシなのでは…と感覚的に思った。そして私は人生で初めて、じゃあもうチョコレート、買お!と、思い立ったわけである。(色々おかしい)


いや、手作りか既製品かの「アリorナシ」以前に、本当は次元の違う存在に対してアラサーの自分がそういうことをしようとしていること自体「ナシ」であることは重々承知しているけれど、あまり恵まれた青春ではなかった人生故にこじらせた結果であるこのような奇行をゆるしてほしい…私は、私が生きるこの3次元で2次元の彼を想いながら、彼に似合ったチョコレートをあれこれ探して楽しく選び購入し、当日は(今年も渡せなかったな…)と失恋の気持ちを味わう。それだけで…




なんて最高なバレンタインデー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


なんて最高なバレンタインデー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


なんて最高なバレンタインデー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!








橘真琴、生まれてきてくれてありがとう…私のでっかい天使よ…(名前書いちゃったよ)
君の存在だけで私の毎日はエブリデイだよ…







***************







そんなこんなで早速のこと、年下だが私よりもずっとガチでアレな、布教の天才いちはちゃんを誘って、先日午前中から丸一日チョコレート探しに明け暮れる為に新宿に繰り出したわけである。(予定がギチギチの中、付き合ってくれたいちはちゃんありがとう)

待ち合わせ後、二人で京王、小田急、伊勢丹、高島屋と、あらゆる百貨店のバレンタイン催事場を回った。伊勢丹は2回行った。




おたくはすぐ色に反応する。

おたくはすぐモチーフに反応する。

おたくはすぐフレーズに反応する。

そういう幸せな生き物である。


「うわこれあのキャラの色でしかないやばい」
「これ、、主人公にあげたい、、、かわいいやばい」
「( ゚д゚)ハッ!この組み合わせは、、、!!!」
「このモチーフ、、、箱の形、、、色、、、最高かよ、、、最、、高、、、」
「この色がそろえば完ぺきだったのに、、、」
「コーヒー味といえば、、、」
「これ、ぬいに持たせたい!かわいいつらい、、、」


店員さんに聞こえないように。しかし高まりは抑えられない。

…彼に用意する以外に、友達みんなの推し色やモチーフに合うのもみつけたら用意しよう…とか思い始める。わくわくが、ときめきが、止まらない。



結局途中お昼を食べた後も、日が暮れるまで宝石のようなチョコレートたちを眺め倒し、
私が購入したのはこちらの3ブランドのもの。





左下の緑色のものが今回私が彼用に選んだもの。ショコラ ベルアメールのパレショコラです。後ろのがチョコミント、手前がマンディアン抹茶。日本に合うショコラがコンセプトのブランドだそう。
これは個包装ものなので義理チョコとか、配布用に適してるチョコレートだと思います。いろんな種類があってみんな可愛い。

私の中で彼は本命だけど、見知らぬ人に箱入りのもらうは重いよね、とか考えすぎてチキった結果これにたどり着いた。これなら義理チョコを装って渡せる…。まずはそこから。このタイプのチョコって今そんなに珍しくはないけど、最近おしゃれに興味がある田舎の男子高校生が「おっ」となってくれそうなチョコではないかと思いますはい。


右下のちいさなBOXのは、ぬいぐるみに持たせinstagramに載せる用。(ぬいぐるみをアイドル、自分をマネージャー役と設定して遊ぶのが最近自分の中で流行っているやばい)これはベルギーのチョコレートブランド「レオニダス」のハート形の一粒チョコレートが入っているBOXで、一粒だけ箱に入って売っているのは見て回った中ではここだけでした。http://www.leonidas-alex.jp/ 



そして写真一番上のチョコレートは、





















自分の楽しみ用に。(結局は他のも全部自分の楽しみなんだけども)

和モダンなブランドJOHN KANAYAのキャレ ドゥ ショコラという商品。
こちらはスパイスを練りこんだスパイス好きな私にはたまらないチョコレートで
試食でシナモン味をいただいたのですが、これが「ほんのり」なんてレベルではない本気のスパイスチョコレートで、ノックアウトされました。私はナツメグ、カルダモン、フェンネルの三種類が入ったものをセレクト。もちろん味もなのですが、このチョコレート、時計のデザインなのがもう一つの魅力のポイントで、この時計、それぞれのスパイスの効果を心身がほしがる時間を針が指し示している!

例えば7:20を示すナツメグのチョコレート。ナツメグの体を温める効果、整腸効果から、朝の目覚めの時刻にぴったりとのおすすめをしてくれているわけです。

私の選んだ3種類のほかに、シナモン、ローズマリー、バジル、ブラックペッパー、パクチーなどがあるもよう。
http://johnkanaya.jp/s/about


他にも目移りするようなチョコレートが沢山で話題の鉱石を模したものとか色々魅力的だったのですが、かわいい感じのとか華やかなものじゃないのを選んだのは自分でも意外な結果でした。それにもっといろいろ買っちゃうと思った。たぶん色々考えすぎましたね。いちはちゃんが購入していたト音記号のチョコレートが入ってるBOXとかも最高だったなあ・・・


でもほんとに満足!それに一粒数百円のチョコレートとか、普段なんとか10円でも野菜を安く買おうと頑張ってる主婦の自分が手を出したこと自体がなかなか罪深い!スリリング!
めちゃめちゃ疲れたから来年も見に行くかはわからないけども!
取りあえずあとは当日、幸せな失恋気分を存分に楽しむのみ。
世のみなさまも幸せなバレンタインを過ごされますよう…!


しゃろ~む。(祈)












某所から独立した話

 
2016年1月末日をもって某、日/本/ベ/リ/ー/ペ/イ/ン/ト/協/会から独立しました。2年間所属しましたが、この団体のやり方が自分には理解できなかったり、問題に思うことや矛盾が色々あって、今回所属更新をせずに個人で活動しようと決めました。


 しかし最後の最後、「退会しても協会のweb上にプロフィールなどの情報は残す」とか言われて(しかも掲載されてる私の情報内容が実際と異なってるのにw)いや消してほしいって言ってるのに、消さない理由が「webの運営を外部に依頼してるから更新すると料金がかかるから」。…しらんがなw 
...


 法人としてHPに自らプライバシーポリシー掲載してるのにも関わらずこの対応で、さっぱりわけがわからなかったのですが、とりあえず東京都庁の広報広聴部情報公開課、と消費者センターに相談したところ 「運営の赤字など協会側の経営問題で、退会する本人が削除を希望している個人情報を削除しない理由にはならない」との事でした。なので協会のほうに改めて退会とweb上の情報を削除するよう、なるべく簡潔にまとめて紙面で提出したら、返事は来ませんでしたがHPを確認したところ消えていたのでどうやら誠実に対応してもらえた模様。なので、まあ済んだこと、と割り切りたいと思います、!ひえ~なんかめんどくさかった~…


 そんなこんなで、自由になったので
個人として今後はよりお客様に誠実な価格とサービスでやっていいきたい思い、価格の設定を見直して更新しました。http://www.tukitamago.com/#!maternitypainting/c1u2e マタニティーのボディーペインティングは、ママが赤ちゃんとの対面を待つ時間に残せる思い出として、とても素敵なアートだと思うので、それを楽しめるお客様が今後も増えていくといいなあと思っています。




***************


 ここからはちょっとぶっちゃけますが、今全国にいる協会所属ぺインターの施術価格は昨年度からある金額上乗せするよう協会から指示があって一律になってる価格なのですが、それが私にとってはその上乗せ分をなぜお客様から頂かなくてはいけないのかがさっぱりわからない理由なのでした。その理由とは「協会のHP運営を外部に依頼するため」…! これにずっともやもやしていました。 価格を上げたことでぺインターの収入額は変わるというわけではなく、ただ協会に入れる金額が上がっただけなので、ぺインターの中には特になにも感じていない人も多いのかもしれないです。(私の知る限り誰も問題にはしてないので)

 でも(これは個人的な意見ですが)、今回の私の件で分かるように、退会した個人のデータひとつ消す料金も渋るほど経済的に苦労してるのであれば、webサイト運営を外部受注にしない、もしくは、数が一定ではないお客様からサービス価格をあげて徴収するのではなく、すでに一定数固定で在籍している会員の会費金額を上げるなりなんなりすることで運営資金は確保して、かかっているWEBやその屋費用の内訳をきちんと決算報告としてでも会員に報告するなど明確にして、問題なく運営できる状態でWEBの運営を外部に依頼したほうが良いのではないか?そう思います。

実際、会員が毎年所属更新毎に払う会費や、会員が売り上げの一部を紹介料として協会に入れる分の金額が一体全体でいくらでそれがどのように使われているのかは会員にはわかりません。協会が出るイベントや広告費などの運営費用、そしてトップの人の給料などだとは思いますが、会員は年々増えるのでそれなりに毎年収益も支出額も変わっていると思うのですが。おそらく、設立したトップの方一人でほぼすべてを回してる感じの社団法人なのですが、全体的に不透明です。

トップの方は「アーティストの皆が活動しやすいように…」とよく言っていましたが、正直所属することで守られている面もメリットもさほど無いなーと、個人的には感じていました。そんなこんなで、その他にも理由はいくつかあって今回の退会に至った次第なのですが、テレビや雑誌などメディアにも出ている協会でしたし、もう少し組織としてしっかりした団体だと思って私もここで資格を取るに至ったのでほんとうに残念でした。



「私はどうしてもこの人の絵柄が好きだからこの値段でもお願いしたい!」っていう場合それはそれとして、アーティスト自身の作品価値の話になってくるので置いておきますが、この協会の全国一律価格単体で考えると、サービス自体の価値と正直釣り合ってないと私には思えるので、所属から抜けるにあたってこのように改訂しました。


まあ、人の集まるところには色んなことが起こります。けれど大切な事は結局いつだってシンプルだと思います。協会の方も、もともとこの起業に至ったときに志した想いとか動機とかはきっとピュアなものだったんだと思うのですが、一人で運営してくうちにブレてきたり金銭的な事が曖昧になったりしていっちゃったのかもしれないですね。現状の問題をどこまで自覚してるかわからないですが。これから運営の方が現状を見直して改善されていけばいいなと願います。私自身はこちらの協会とは袴を分かちましたが、今後も個人としてめげずにイラストやボディーペイントなど活動は続けていくので、何卒よろしくお願いいたします。


以上です。

2016/02/01

似顔絵屋さん@PHOTO JAM


さて、週末30,31日と、渋谷ギャラリーコンシールにて開催中の「PHOTO JAM」というイベントで似顔絵を描いていました。今週末の2月5,6日(金・土)も同イベントに在廊します。




30,31の2日間とてもたくさんのお客様が来てくださって、男女国籍年齢問わずいろんな方を描きました。全部で何人描いたのかなあ・・・


いつもとちがってテーブルなしの環境で名刺カードサイズというかなり小さい紙に描いているので、どうしても手ブレにより迷い線が多くなってしまって、ちょっと自分ではクオリティーに悔しさが残るとこもあったりして・・・それでも描きあがると喜んでくださって笑顔を下さるみなさん、わざわざ私に会いに来てくださった方もいらして、ほんとにほんとにこちらがありがとうございます(´;ω;`)という気持ち・・・これからまた精進していきますので、いつかまたお会いできたらうれしいです。


私は後2日間だけ参加ですが、展示は日曜日まで開催しています。主催者でアーティストである石本一人旅さんがとても気さくで素敵な紳士で私は感動しました。また石本さんが集めたアーティストさんたちの作品もジャンル問わず見ごたえたっぷりです。アートイベント気になる方、お好きな方はぜひ素敵なクリエイターの皆さんの作品をご覧になりに行ってみてください♩

個人的には「柴崎まどか」さん、「マエダカヅキ」さん、「unruly」さんの作品がとても好きでした。PHOTO JAMのHPのアーティストページでもいろんなアーティストさん紹介されていますのでぜひご覧ください。http://www.photojamjapan.com/